Featured

小さい自己紹介

始めまして皆さん!
このブログは私の生活について書くつもりです。
始めましょう!

名前:エミリー
誕生日:5月24日
年:子年
国籍:アメリカ人
出身:ニューハンプシャー州のキーン
兄弟:

 

どうして日本語を勉強したいか。
高校の時、日本の文化に興味を持ちました。漫画を読んで、アニメを見ました。友達もアニメと漫画が好きだったから、一緒に同じ物についてしゃべりました。日本のことは面白かったと思いました。でも高校の授業で、日本の歴史とか文化を習いませんでした。日本語の授業もありませんでした。一人で、日本の文化を学びました。日本に行きたかったので、日本語を勉強したかったです。
皆さん、読んでくれてありがとうございました。皆さんの紹介を聞きたいんです。
Advertisements

大学の時

私は今大学の4年生です。2014の8月にニューハンプシャー大学に入りました 。最初は、英語を勉強するつもりでしたが、専攻を替わりました。国際関係と社会学を勉強しています。

大学の学生は15,000人ぐらいいます。大学はニューハンプシャーの海岸の近くです。皆さん、ポーツマスを知っていますか。1630年には、ポーツマスの町になりました。ニューハンプシャー大学からポーツマスまで車で20分ぐらいに行けます。

ニューハンプシャー大学の町はダーラムです。ダーラムには15,000人住んでいます。

高校の4年生の時、9校の大学を調べて1校を選ぼうと思っていました。ニューハンプシャー大学に入りたくなかったですけど一番安い大学でした。でも大学に入って一週間後、大学が大好きになりました。友達をたくさん作りました。寮の人は本当に親しみやすかったです。授業も好きでした。トピックは面白かったです。好きな授業は日本語の授業でした。先生は頭が良くて優しい人です。上級の授業を取る時、皆さんは友達になりましたから、日本語の授業は小さな家族みたいです。

好きな場所は図書館と社会学の建物です。2年生の時から図書館でアルバイトしています。図書館の中には色々なサービスがあります。ITのヘルプデスクやライティングセンターやカフェがあります。Quiet roomsで宿題をするのが好きです。時々友達たち小さい部屋を予約して勉強します。

IMG_6182.jpg
大学の図書館

 

 

ニューオリンズ

大学1年生の春学期、友達とニューオリンズについての授業を取りました。授業で、ニューオリンズの歴史や文化を習いました。一番面白かったことは、春休みのボランティア旅行です。春休みの時、ニューオリンズのロウワ・ナインス・ワードでボランティアしました。ロウワ・ナインス・ワードは海の堤防の近くですから、ハリケーンカトリーナで壊れてしまいました。堤防が決壊した時、ロウワ・ナインス・ワードは水浸しになりました 。10年後に私はその場所に行きました。その時、大半の家がまだ修復されていませんでした。

その春休みに行った時は、クラスメートと車でニューオリンズまで運転しました。ドライブは26時間ぐらいでした。使われていない小学校 に泊まりました 。小学校はボランティアの宿泊所でした。色々なグループが、家を建て直すために ニューオリンズに来ていました 。

私のグループは6人いました。グループメートたちは、二つの家を手伝いました。色々な用事をしました。私は古い壁板を動かしたり、グループの友達と地面を掃除しました。カトリーナが来た時、窓が壊れましたから、硝子は地面の中でした。

10409703_1079474498744969_8022118641537744637_n.jpg
私のグループメート

 

10年後、ニューオリンズの人気がある場所は、にぎやかさが戻りました。フレンチ・クォータでは損害の様子が見られません。貧困な場所の損害は、まだ残っています。

千羽鶴:日本語を学ぶ話

こんにちは皆さん。

今日、日本語を学ぶ話しをシェアしたいです。

四年生になる前の夏、日本語のサマーキャンプに行きました。ニューハンプシャーの一番頭がいい高校生のためのキャンプに行きました。色々な教科がありましたから、学生は願書で一番勉強したい教科を選ばなくてはいけなかったです。私は日本語の授業を希望しました。幸いにも選ばれました。

サマーキャンプでは、5週間日本語を勉強しました。ひらがなとかたかなを習いました。授業は本当にインテンシブでした。でも、楽しかったです。好きな思い出が二つあります。学生たちは先生とトトロを初めて見ました。映画が好きです。一番好きなスタジオジブリの映画じゃないですが、クラスメートと見ましたから、この映画は、私の心に強く残っていて大切な思い出です。

サマーキャンプの時、クラスメートと千羽鶴を作りました。授業の初めで、佐々木禎子の話を読みました。この話は私に強い影響を与えました。授業のチューターの家族は日本で働いていたので、千羽鶴を作って日本に送って、広島の原爆の子の像にあげました。これは本当に大切な思い出です。

1417550_10151889958345592_461623190_o

何時か、広島の原爆の子の像に行きたいです。

読んでくれてありがとうございます!

ではまた。